読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aromen der Natur

助産師・看護師の資格を持つ英国IFA認定アロマセラピストのブログ🌿アロマやハーブの力を借りて、よりキレイに健康になれるレシピをご紹介します。

乾燥に負けない肌作り〜アロマでオイルパック編

 

まだまだ乾燥が続きますね〜

みなさんは、洗顔のあとすぐに化粧水をつけないと、頬や口周りがカピカピに乾いたり、ひどい時は粉をふいたりしていませんか?

 

今日は、そんな冬の乾燥肌に効く、とっておきの「アロマを使ったオイルパックの方法をご紹介します🌸

 

とっても気持ちが良いのに、即効性があり、一発でお肌がうるツヤ✨モチモチになるこの方法は、私も試してから虜になりました。

私は週に1〜2回行なっています😊

 

*アロマでオイルパックのレシピ

1.キャリアオイル(植物油)の準備

2.1に精油を加え、よく混ぜる

精油は基材の量に対し1〜2%で希釈して使用する。※お顔に使用する場合は1%(敏感肌の方は0.5〜1%)で使用しましょう。

3.フェイシャルトリートメント

→オイルを手で温め、お顔を優しく、手を滑らせるようにマッサージする。

※小鼻や顎下、眉間も優しくクルクル🌀

※首、デコルテまでのばしましょう。

 4.ホットタオルを作る

→半分に折ったフェイスタオルの両端を手で持ち、くるくる捻ったら真ん中の部分を濡らす。軽く絞り、電子レンジで1分加熱する。

5.お顔に2〜3分蒸気をあてる

※濡れていない両端を持って、火傷しないように気をつけて下さいね!

6.タオルが冷えてきたら、優しく軽く拭き取り、あとはいつものスキンケアをするだけ👌

※夜に行う場合は、おさえる程度で拭き取る必要はありません。

 

*アロマケアで使われるキャリアオイル
・スイートアーモンドオイル
・ホホバオイル
・グレープシードオイル
マカダミアナッツオイル
・ココナッツオイル
・アボカドオイル
アルガンオイル
ローズヒップオイル 等

他にも沢山種類があります。

 

*キャリアオイルとは
精油は、直接お肌につけることができない(ラベンダーやティートリーを除く)ので、トリートメントを行う際はキャリアオイルに希釈して使用します。キャリアオイルの「Carrier」は、精油を体の中に「運ぶ」という意味を持っています。
植物から抽出されたキャリアオイルにも、精油と同様に一つ一つ違った効能があります。また各キャリアオイルの効能については今後お話していきますね🌿

これから購入されるのであれば、単品で使え、酸化しにくいため保存期間も長く、低刺激でお顔以外にもボディにもヘアにも使いやすいホホバオイルをオススメします👌

 

*希釈濃度の計算の仕方
キャリアオイル10mlに対し精油2滴=1%
(精油1滴=0.03〜0.05ml)

 

*フェイシャルに適した精油

ラベンダー

→皮膚の細胞を活性化、敏感肌、ニキビケアに
ゼラニウム
→皮脂分泌バランスを調整、シミ、肌のトーンUPに
ローマンカモミール
→かゆみを伴う乾燥、抗炎症、肌の弾力UPに

ネロリ
→皮膚の新陳代謝を促進、シミやそばかすに
ローズ
→肌のキメを整え、ハリをUP、アンチエイジング
パルマローザ
→皮膚の細胞を活性化、抗菌、かゆみを伴う乾燥に
フランキンセンス
→皮脂の細胞を再生、しわやたるみ、アンチエイジング

単品で使用しても、2種類混ぜて使用してもOKです👌
好きな香りを選んでください😊

 

*まとめ

オイルパック後は、本当にビックリするくらいプルプルに潤います✨

ホットタオルで温めることで、毛穴が広がり毛穴に詰まった汚れ掃除になるだけでなく、血管が拡張することで精油の吸収率もUPします。顔色のトーンも明るくなりますよ✨

 

騙されたと思って、みなさんもぜひやってみて下さい🌸

f:id:AromenderNatur:20170221191418j:image

春の訪れを告げるミモザ

とってもきれいに咲いていました🌸

 

人気ブログランキングに参加しています。

クリックしていただけたら嬉しいです🌿

http://blog.with2.net/link.php?1897483