Aromen der Natur

助産師・看護師の資格を持つ英国IFA認定アロマセラピストのブログ🌿アロマやハーブの力を借りて、よりキレイに健康になれるレシピをご紹介します。

芳香蒸留水(フローラルウォーター)とは?

桜が咲いてきましたね〜🌸

今年は寒い日が続いたので、開花もゆっくり…

今週こそお花見ウィークになりますね💕

f:id:AromenderNatur:20170403104902j:image

ところで、みなさんは芳香蒸留水(フローラルウォーター)を使ったことはありますか?

 

この芳香蒸留水は、そのまま化粧水として使ったり、ルームスプレーや赤ちゃんのオムツかぶれにまで使える優れものなんです。

 

精油と違って、希釈せずにそのまま使えるのでお手軽なんですよ〜🌿

 

今日は、この「芳香蒸留水とは何か」についてと、「芳香蒸留水の使い方」をご紹介したいと思います🌸

 

*芳香蒸留水とは?

芳香蒸留水(フローラルウォーター)とは、植物の花や葉などから水蒸気蒸留法精油を抽出する際に、副産物として得られるもの。

ハイドロ(Hydro=水)ソル(sol=溶液)とも呼ばれます。

この芳香蒸留水では、植物の水溶性の成分が主に抽出されます。ですが、精油の脂溶性成分も芳香蒸留水の中にわずかに溶け込んでいるので、優しい香りのある薬用作用のあるお水です。

 

*水蒸気蒸留法とは?

植物に水蒸気を当て、植物中に含まれる精油を抽出する方法です。ちなみに、11世紀頃にアラビアの医師「イブン・シーナ」によって考案されました。

 

水蒸気蒸留法の過程

①原料となる植物に、熱い水蒸気(約100℃)を当てる。

②植物に熱い蒸気が当たることで、精油を蓄えている油胞が壊れ、精油が蒸気とともに揮発する。

③揮発した精油と水蒸気が管を通り、冷却タンクで冷やされ液化する。

精油と芳香蒸留水が分離した状態となる。

⑤上に浮いた精油を集める。

 

そのため、芳香蒸留水には少量の精油成分と、植物の水溶性成分が溶け込んでいるんですね🌸

 

*よく使用される芳香蒸留水の働き

ローズウォーター

ローズは、神経過敏や緊張を和らげ、心を満たします。アンチエイジングの効果も高く、全てのスキンタイプに向いています。

 

ネロリウォーター

天然の精神安定剤とも言われ、心を安定させ多幸感を与えてくれます。乾燥肌の保湿に向き、乳児に対しても作用が穏やかです。

 

ラベンダーウォーター

抗炎症、皮脂分泌調整、鎮痛、冷却作用があり、作用も穏やかで、全てのスキンタイプに向いています。日焼け後の炎症を起こした敏感なお肌やニキビ、オムツかぶれに効果的です。

  

カモミールウォーター

抗炎症作用があり、炎症を起こしている肌や敏感肌に向いています。アトピー性皮膚炎やニキビの緩和が期待できます。

 

ゼラニウムウォーター

皮脂分泌調整作用があるため、オイリー肌や乾燥肌のバランスをとってくれます。ホルモン調整作用があるため、月経前のゆらぎ肌にも効果的です。

 

*芳香蒸留水の使い方

1.顔や髪、身体に吹きかける

2.空間にスプレーし、空気の清浄

3.アイロン前に服にスプレーする

4.アロマクラフト作りに混ぜる

 

【赤ちゃんのオムツかぶれケア】
赤ちゃんのオムツかぶれには、ラベンダーウォーターやカモミールウォーターが適しています。優しくお尻を拭いた後、芳香蒸留水をスプレーで吹きかけて温かい手で優しくなじませます。乾いてからオムツは当てましょう。

 

以前ご紹介したクレイパックにも、芳香蒸留水が活用できますよ🌸↓

毛穴の汚れスッキリ!アロマとクレイでできる毛穴ケア方法 - Aromen der Natur

 

*まとめ

希釈せずにそのまま使える芳香蒸留水…🌸

私はネロリウォーターがお気に入りで、グリセリン精油を加えた化粧水を使っています。

芳香蒸留水には、まだまだ色々な活用方法があるので、また今後使い方を書いていきますね☺️

本日も読んでいただき、ありがとうございました。

f:id:AromenderNatur:20170403105415j:image

 人気ブログランキングに参加しています。

読んだよ!の印にクリックしてもらえると嬉しいです🌿

http://blog.with2.net/link.php?1897483