読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aromen der Natur

助産師・看護師の資格を持つ英国IFAアロマセラピストのブログ

まだ捨てないで!期限切れの精油の活用法〜アロマ消臭ジェルのレシピ

みなさんのお家にも、期限が切れてしまった精油…眠っていないですか? 精油は、だいたい5〜10mlで売られていますよね。1mlが約20滴なので、10mlだと約200滴を期限内に使わなければならないことになります。 結構使い切れずに余らせてしまっている方も多いの…

産後のアロマセラピー〜母乳がなかなか出ないママにアロマで出来ること

昨日は、母乳がなかなか出ないママのアロマトリートメントに行ってきました 「母乳って当たり前に出るもの」って思われている方が多いんですよね。実は、様々な要因が重なりあって母乳は産生されるものなので、中には母乳がなかなか出なくて苦しまれるママ達…

アロマでポカポカ温活〜冷え性対策

みなさんは、ストレスによって身体が冷えてしまうということをご存知でしたか? 「冷えは万病のもと」と言われるように、身体が冷えると良くないことばっかりなんですよ☃️ 身体が冷えていると、免疫力が下がるので風邪を引きやすかったり、下痢や腹痛などの…

アロマとハーブで花粉症対策〜アロマ編

今日は、前回に引き継ぎ「アロマでできる花粉症対策」について書いていきたいと思います ハーブ編はこちら↓ http://aromendernatur.hatenablog.com/entry/2017/03/02/201246 *アロマで免疫力を高めておく 花粉症などのアレルギー反応は、ストレスなどで免疫…

万能ラベンダー精油で眠る方法

アロマセラピーと言ったら、ラベンダー!というくらい、精油の中でも認知度も高く、人気も高いラベンダー リラックス効果で有名ですよね *アロマセラピーの歴史 そもそもアロマセラピーの歴史を遡ると、「アロマセラピー」という言葉を作ったのは、フランス…

病院でのアロマ講座〜アロマボンボン作り

今日で2月も終わりですね〜⛄️ 年が明けて早2ヶ月、あっという間ですね! 今日は、アロマボンボン作りの講座のアシスタントに行ってきました 病院で行なっている産後のママ向けのクラスで、1歳前後の赤ちゃんと一緒にアロマを楽しく学べる講座で、来ていたマ…

精油の香りを楽しむコツ&精油を選ぶ方法

アロマセラピーの醍醐味は、香りを楽しむこと アロマセラピーで扱う精油の香り、 みなさんはどんな風に選んでいますか? 今日は、「精油の香りを楽しむコツ」と「精油の選び方」についてお話ししていきたいと思います *心の声に耳を傾ける 精油には、様々な…

アロマセラピーの機序③皮膚からのルート

こんにちは 今日は、精油がどのように皮膚から吸収されていくのかを書いていきたいと思います この記事を読んだら、きっと精油を使ってみたいと思ってもらえると思います *精油の性質・特徴 精油の持つ特性をあげると… ・親油性 ・アルコールによく溶ける …

アロマと記憶、認知症との関係

こんにちは😊 今日は以前お話した「①嗅覚からのルート」の続きである、香りと記憶の関係について書いていきたいと思います。 *プルースト効果 私の実体験からお話しますね🌸 以前、老人ホームのアロマボランティアに行ったとき、あるおばあちゃんに精油を使った…

乾燥肌に負けない肌作り〜アロマでオイルパック編

まだまだ乾燥が続きますね〜 みなさんは、洗顔のあとすぐに化粧水をつけないと、頬や口周りがカピカピに乾いたり、ひどい時は粉をふいたりしていませんか? 今日は、そんな冬の乾燥肌に効く、とっておきのアロマを使ったオイルパックの方法をご紹介します と…

IFAアロマセラピストとは?

こんにちは 今日も日中は暖かかったですね〜。 私は今日、横須賀の田浦梅まつりに行ってきましたまだちょっとだけ早かったですが、梅林はとても良い香りで満たされていました 来週末あたりがベストだと思います 今日は、私が資格をとったIFAアロマセラピスト…

アロマセラピーの機序①嗅覚

今日は前回お話した 「アロマが心と体にどのように作用するのか」について書いていきたいと思います まずは、どのように精油が人の体の中に入っていくのかですね。 *アロマセラピーの伝達経路 アロマセラピーの使い方には色々な方法がありますが、精油が体…

アロマセラピーとは?

*アロマセラピーとは アロマセラピーとは、植物の花や葉、枝や根、木や樹皮、柑橘類の皮などから抽出される精油を使って、心身の不調を癒したり、健康増進に役立てる療法のことを言います 香りを使った療法=芳香療法とも言いますね。 アロマセラピーでは、…